女優イ・シヨン、デマに法的対応。ネチズンからも応援の声、ネチズンは変わったのか?

韓国芸能界の悪習のひとつに、いわゆる「セックスビデオ」がある。

マネージャーなど、所属事務所の関係者が、所属女優や歌手との性行為を撮影して、それを公開するぞと脅して、言うことを聞かせたり、離反を防いだりするのである。

今回、女優のイ・シヨンにその種の動画がある、という噂が広まっている。イ・シヨン側は、デマに対し法的対応を取ると明らかにした。

●OSEN 2015.06.30午後5:38
韓国のネチズンが変わりました。イ・シヨンの法的対応を応援する声
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=109&aid=0003101902

AD

 

 

ーー引用始まり

女優のイ・シヨンがデマに対する法的対応の方針を明らかにした。「陰謀論」があふれていたインターネットの世論も少しは成熟したようだ。

イ・シヨンは30日午前、SNSを中心にとんでもないデマが広がっており、所属事務所ジェイワイドカンパニーは即座に釈明し、デマを流布した者に対する法的対応の方針を明らかにした。

このようなニュースが伝えられると、大多数のネチズンはイ・シヨンの精神的な被害を心配する一方、デマの流布者を必ず厳しく処罰することを望むという反応を見せている。

多くのネチズンは、関連記事のコメントに「今回は、ぜひとも法的対応をして、このようなデマを流布する者がなくなるようにしなければならない」「イ・シヨンさんも流布者が泣き喚いて許しを請うたとしても、許さないでもらいたい」という反応を見せている。

これまで大半の芸能人はデマに悩まされながらも記事化された場合、事実ではなくても、既成事実化されるおそれがあると考え、これを隠蔽しようとしてきた。

しかし、悪質な書き込みや噂に対する精神的な被害が大きくなり、法的対応が一般化し、多くのネチズンも、悪性デマの流布者に対する反感を表わすようになった。

今回のイ・シヨン事件でも、大多数のネットユーザーがイ・シヨンの法的対応の方針を応援する考えを示している。

一方、ジェイワイドカンパニーは同日、報道資料を通じて「噂されている内容はすべて事実無根であり、確認された事実ではないにもかかわらず、事実かのように流通する「チラシ」(デマ)レベルのもので、SNS上、無差別に流布、拡大生産されており、イ・シヨンさんの名誉を深刻に毀損し、本人も傷ついている」と明らかにした。

そして「これに対し、当社はあらためて虚偽事実に非常に遺憾の意を表し、早期に法的対応を含めたすべての方法で強く対応をする。最初の流布者はもちろん、それ以降のイ・シヨンさんに対する根拠のない誹謗やデマを拡散したすべての主体を刑事告発し、これ以上の被害を防ぐよう、あらゆる努力を傾ける」と厳しく対応する方針を伝えた。

同日午前、SNSを中心に、イ・シヨンの私的な関係が盛り込まれた動画が存在するという「チラシ」が流布され、イ・シヨン側は困惑している。イ・シヨンは、ケーブルチャンネルOCN「美しい私の花嫁」に出演中だ。

ーー引用終わり

過去、この「セックスビデオ」が実際にあり、ネット上に流出し大騒動になったケースもあるのだが、動画い自体はなくても、こういう噂を飛ばされただけでも、その女性芸能人にとっては大きなダメージになってしまう。

それでこの記事でまず気になるのが、「韓国のネチズンが変わりました」という題目の文章。個人的には「えっ、変わったの? 何が?」と、唐突で奇異な感じがしたのだが、要するに、この種のデマに対し、過去のようにおもしろがって騒ぐのではなく、法的対応を支持し、こういうことが起きないようにしようという方向に全体が向かっている、そういう点で「変わりました」ということのようだ。

う~む、そうだろうか…。

とりあえず、この記事に寄せられたネチズンの声を聞いてみよう。

記者たちは、パク・チヨン事件の時も今回も変わることなく、犠牲の羊を埋葬するため、先頭に立ってリードしようとするよね。
2015.06.30 午後 5:45  共感 11017 非共感 172

これが最も支持されている意見。現時点で1万を超える「共感」を集めている。これは、記者も完全に一本取られたね。変わらければならないのは「おまえらだ!」ということ。パク・チヨンは過去、実際に動画が流出してしまった犠牲者。後のコメントに出てくるオ・ヒョンギョンも同じ。

動画があろうとなかろうと、イ・シヨンの過ちではない。動画があるなら、それを撮った男を告訴して罰し、動画がないなら、デマを流した者を探し出して告訴して罰してほしい。
2015.06.30 午後 5:45  共感 10414 非共感 199

一部のケチズン(犬チズン)を除けば、みんな成熟したネチズンなんだけどね。この一部の根性が問題。執拗に悪質な書き込みをして、デマを流し…。そういうやつらには、容赦なく厳罰を下すべきだ。
2015.06.30 午後 5:43  共感 7706 非共感 232

イ・シヨン所属事務所の関係者の方は、悪質な書き込みの処置に困ったら、プロゲーマーのイム・ヨファンさんの夫人、キム・カヨンさんに頼んだら、きれいに解決してくれるでしょう。
2015.06.30 午後 5:45  共感 5919 非共感 232

キム・カヨンさん(43)は「悪質コメント界のジャンヌ・ダルク」という異名の持ち主。再婚したプロゲーマーの夫、イム・ヨファンさん(35)より8歳年上で、前夫との間に19歳の娘がいる。そのことから心ないネチズンに「イム・ヨファンが結婚したのは娘が目的だ」というデマを流された。これに、キム・カヨンさんは敢然と立ち向かい、デマに関わったたくさんのネチズンを告訴した。

いつも少数が問題なんだ。
2015.06.30 午後 5:43  共感 4175 非共感 140

女性芸能人だからって、性的なことで弱点をつかんで苦しめるのはやめろ。たとえ映像があったとしても、撮った男が悪いのであって、イ・シヨンには何の過ちがあるというのだ。
2015.06.30 午後 5:55  共感 1131 非共感 48

まさかとは思うが、もしイ・シヨンさんが本当にそういう動画で脅迫されているのが事実で、動画が流れたとしても、そういうことを受け止める大衆の視線が成熟していないといけないと思う。オ・ヒョンギョンさんやペク・チヨンさんのような被害者が、これ以上、出てはならない。こういう卑劣な行為は根絶しなければならない。
2015.06.30 午後 5:55  共感 1105 非共感 32

イ・テイムとイェウォンの事件以後、確実な証拠が出てくるまでは、誰も悪く言わないことにした。
2015.06.30 午後 5:58  共感 823 非共感 34

ネチズンが変わったというよりは、イ・シヨンのこれまでのイメージが良かったからだ。もしクララにこういう動画があるというチラシが出ていたなら(もしです-.-)、みんな(夢中で)食いついていたはずだ。どちらも、これまで自分が積み上げたイメージのせい。
2015.06.30 午後 6:16  共感 735 非共感 16

当然、告訴すべきだろう。
2015.06.30 午後 5:54  共感 674 非共感 28

たしかに、ここに並んだコメントは、いずれも良識のある立派なものだと思う。

だが、まだ「ネチズンが変わった」とまではなあ…。

個人的には、ネチズンがみんなしてイェウォンを猛烈に叩きまくって、ヘンリーとの仮想夫婦生活を異例の短期間で潰してしまった、あの異様な盛り上がりの記憶がまだ生々しいもので…。

あの当時、乱舞した毒々しい言葉の数々。あれを吐いていたのも、ネチズンだしね。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。