イ・ビョンホン一家が引っ越した高級マンション(続報)

先日、イ・ビョンホン一家が、チャン・ドンゴンとコ・ソヨンの夫婦の住んでいたソウル江南の高級マンションに引っ越したことをお伝えした。

■イ・ビョンホン一家 チャン・ドンゴンとコ・ソヨンの夫婦が暮らしていたソウルの高級マンションに引っ越していた
http://seouljinseigekijo.com/?p=2733

この件に関して、興味深い続報があった。

●東亜日報 2015.06.04午後7:31
イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの夫婦がチャン・ドンゴンとコ・ソヨンの夫婦が住んでいた家に引っ越した理由
http://entertain.naver.com/read?oid=020&aid=0002802446

AD

 

 

記事によると、このマンションは三成SKアペルバウムと言い、江南でも指折りの高級マンション。近隣の不動産関係者の話では、今回の契約は不動産屋の仲介なしに、イ・ビョンホン夫婦とチャン・ドンゴン夫婦が直接、行ったと推測されるという。

ある不動産関係者は「芸能人、特にトップスターが引っ越しをする時は業界に噂が流れるものだが、今回は何の話もなかったので、(イ・ビョンホン夫婦とチャン・ドンゴン夫婦が)個人的に親しい関係にあり、両者で静かに契約を結んだようだ」と耳打ちしたという。

チャン・ドンゴン夫婦は清潭洞のマークヒルズという高級住宅に引っ越したのだが、この引っ越しにあたり、次の入居者がいなくて悩んでいたという。

韓国のチョンセという住宅賃貸システムは、入居時に、まとまった保証金を大家に預け、退去時にその保証金を全額返してもらうことになっているのだが、退去時に大家がその保証金を準備できないと、次の入居者が決まり、その保証金が大家に入るまで待たされる、身動きとれなくなるケースがある。

高額のチョンセの場合は特にそうなりやすい。チャン・ドンゴン夫婦も新居は決まったが、三成SKアペルバウムの新しい入居者が見つからなくて困っていたのだった。そんな時に、ちょうどタイミングよく、元祖韓流スターとして長年付き合いを続けてきたイ・ビョンホンも引っ越しを考えており、諸条件がマッチし、新しい入居者となったのだという。

イ・ビョンホンとチャン・ドンゴンは互いの結婚式に出席した間柄で、またイ・ビョンホンはコ・ソヨンとも1992年にKBSドラマ「明日は愛」で共演し、以来、20年以上親交を持っていたのだった。

さらに、イ・ミンジョンも、出産時に、かつてコ・ソヨンも使った江南の高級産後養生院で過ごし、同じ施設の「先輩後輩」という縁ができたのだという。

イ・ビョンホン夫婦が三成SKアペルバウムに入居した際のチョンセの保証金の額は25億ウォン(約2億7500万円)だったが、これはチャン・ドンゴン夫婦の時よりも2億ウォン(約2200万円)上がった金額。

イ・ビョンホン夫婦は共同名義で契約を結んだという。これは最近の新婚夫婦たちのトレンドで、夫婦であっても財産所有権はお互いに明確にするほうがいいという考え方によるらしい。

イ・ビョンホン夫婦は引っ越しに際し、インテリアはほとんどいじらなかったという。 トップスターが住んでいた家であるだけに、手入れは行き届いていており、生後2ヵ月の赤ちゃんが生活するうえでも快適な環境。

チャン・ドンゴン夫婦も6歳の息子と2歳の娘を育てていたので、子育てに適した造りになっていたとみられる。ここを訪れたことのある不動産関係者の話によると「この家の最も大きな特徴は、居間の一方の壁が加湿器の役割とインテリア効果を同時に発揮すべく、水が流れる壁となっていること」という。

SKアペルパウムは、一階に一世帯が居住する。イ・ビョンホン一家の住居は、ロイヤル階に属している。(「ロイヤル階」というのは、だいたい、そのマンションの中ほどの階から最上階マイナス3階とされる。たとえば20階の場合、8~8階から16~17階)

広さは282.73m2(約85坪)で、部屋が5つ、バスルーム3つで構成され、漢江の眺望も優れているとのこと。

イ・ビョンホン夫婦はこれまでビョンホンの母親と一緒に、京畿道広光州にある一戸建て住宅で暮していたが、最近、イ・ミンジョンの実家に近いソウル江南区三成洞に引っ越した。イ・ミンジョンの実家はソウル江南区論峴洞で目と鼻の先。

イ・ミンジョンは出産前も実家で過ごしていた。今後も、子育てなど、生活をしていくうえで、実家の母親の手を借りることになりそうだ。

一方、イ・ビョンホンの母親は、京畿道広州の田園住宅に留まっている。記事によると、一時、この家を出たという噂もあったが、まだ書類上は何の変化もないという。

郊外の豪邸にひとりで暮らすお母さんが少し心配になるが…、やはり難しんだろうね、イ・ミンジョンがこのお母さんと暮らすのは。価値観とか…、習慣、趣味…、相当違うだろうし。ビョンホンさんが家にいればまだしも、ハリウッドスターであり、また、あの事件の影響もあって、韓国での活動がままならない彼は、アメリカに滞在して家を空けることが多いし。

やはり、私生活でも、あの事件の後遺症が出ているのかもしれんなあ…。

ミンジョンさんとしては、かわいいジュンフくんを実家の家族の一員のようにして、がっちり守って、正しい教育を施していくのではないか?

もしかしたら、ビョンホンさんは次第に「お客さん」のような存在となっていくのかもしれない。

そうなったとしても、しかたないだろうなぁ、あの件では、妊娠中のミンジョンさんの心をかなり…、あれしたわけだし…。

ミンジョンさんの実家の人たちも、いつまでも根に持つことはないだろうけど、わだかまりは残るんじゃないかと思うし…。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


イ・ビョンホン一家が引っ越した高級マンション(続報)” への1件のコメント

  1. こんにちは。私はビョンホンファンです。
    イビョンホン・ミンジョンの結婚は最初から愛がなかったと思います。
    最近ではネチズンも「政略結婚」だったと認識されているようですし、ミンジョンもかなり叩かれています。その内容は私も賛同します。
    何故ならイビョンホンが彼女と一緒に映った写真で物語ってくれています。彼の表情が全てを表していました。早く別れたいのでしょう。(早く別れるべきですね)
    申し訳ないのですが、ミンジョンは皆さんが思われているような人ではないと思います。妊娠発表の時期・仕方からしてもそうです。「この時期に発表するのはおかしい」という意見もありました。夫の事を全く考えていませんね。
    一緒に帰国した時もそう、派手なブランドコート見せつけ、ハイヒール履いて呆れてものが言えませんでした。そんな人です。
    それに彼女も途中で気がついたと思いますよ。愛されていないと。
    だからビョンホンさんの実家から移ってくれてありがたいです。
    オンマもビョンホンさんも安心されているのではないかと思います。
    というより早く別れた方がお互いにとってよいと思っています。
    明らかにビョンホンさんはミンジョンと関わってからおかしい(暗くなっている・一気に老けた・表情も機械的)ですし、あの事件だって何故あんな事を?と考えると、理由は推測できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。