キム・ヒョンジュン 軍入隊直前、自筆手紙で心境告白(全文)

キム・ヒョンジュンは、軍入隊の前に、公式ファンコミュニティ「ヒョンジュン・ドットコム」に自筆手紙をアップし、入隊直前の心境を明らかにしていた。

●スポーツ朝鮮 2015.05.13午前1:00
キム・ヒョンジュン入隊、自筆の手紙で心境告白「自責のつらい日々…たくさんの借りを抱えて行く」
http://entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0002734391

AD

 

 

12日、キム・ヒョンジュンの公式ファンコミュニテ「ヒョンジュン・ドットコム」は、キム・ヒョンジュンが陸軍30師団新兵教育大隊に入隊する前日に作成したと推定される長文の自筆の手紙と理髪する姿が映った写真をアップした。

キム・ヒョンジュンは、長文の手紙を通じて、最近、プライベートの問題で心配させたファンに謝罪と感謝の気持ちを伝えた。

以下はキム・ヒョンジュンが「ヒョンジュン・ドットコム」アップした自筆の手紙の全文である。

 

こんにちは。キム・ヒョンジュンです。

心安くごあいさつできる機会が得られず、結局、別れのあいさつをすることになってしまいました。実際、これまで、申し訳ないという思いがとても強かったです。公人であるため、本音をすべて打ち明けることもできず、自分の思いを押し殺しながら、もう少し思慮深く、成熟した人間であるべきだったと自分を責め、つらい日々を送ってきました。

そして、どのような言葉で謝罪と惜別の気持ちをお伝えすることができるだろうかと悩みました。私の心の中にはファン皆さんのために…いや…ファンの皆さんに対して2つの思いが入り混じっていました。申し訳ないという思い。ありがたいという思い。

多くの方々が混乱した時期に精神力で助けてくださいました。申し上げることのできなかった部分まで察し、ずっと信じてくださって自信を持たせてくださいました。どのようにすれば、この借りを返すことができるでしょうか。

また、私によって心が傷ついたり、怒りを感じた方には、どのような言葉で謝罪すればいいのか、ただ、たくさんの借りを抱えて行く思いです。

この地に生まれた男は誰もが軍隊に行きますが、いざ自分の番となると、心のどこかで動揺がありました。私自身はいつも頑張って熾烈に生きてきたと思っていたのですが、今、入隊前日を迎え、自分の弱さを強く感じています。

しかし、これから先の2年間は、私が生まれ変わる機会になると信じています。男として芸能人として、責任感ある社会人に成長して帰ってくるつもりです。

この1年の間、家族、友人、同僚、お世話になった方々、そしてファンの方々、これらの皆様は少し慎重で温かい所から私という人間を保護してくださり、そのおかげで、私はよく過ごすことができたのだと十分に感じました。

国防の義務を果たして帰ってくる日には、以前より信じていただけるように、私を信じてくださるすべての方々のために、最善とまではいかないまでも、より良い人間になっていたいと思います。帰ってくる日には、笑ってあいさつすることを約束し、筆を置きます。

2015年5月12日、キム・ヒョンジュンより

 

この誓いの通り、2年後、「より良い人間」になって帰ってきてほしい。

そう思いながら、ぼくもキム・ヒョンジュンにエールを送ります。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。