イェウォン、勝負に出る。「私たち結婚しました」で大衆の度肝を抜く

さきほど毎週土曜の午後5時から放送されているMBC「私たち結婚しました」が放送を終えた。

とにかく、今、注目のイェウォンが出るとあって、メディアも韓国大衆も敏感。今(午後8時ごろ)、ネイバーの「テレビ芸能」記事のランキング・トップに躍り出たところ。

さっそく、終わったばかりの放送内容を見てみよう。

●マイデイリー 2015.04.11午後6:00
「おまえ(あなた)さえ、いればいい」イェウォン♥ヘンリー、純粋なカップル誕生
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=117&aid=0002593448

AD

 

 

ーー引用始まり

イェウォンとヘンリーは遊園地でデートを楽しんだ。

11日に放送されたMBC「私たち結婚しました4」で、イェウォンとヘンリーの仮想夫婦の遊園地デートが放送された。

遊園地を訪れた2人。 遊園地に人が多くないのを見て、ヘンリーは「ぼくが全部借りたんだ」と言いながら、自然な感じで話した。スラッシュを購入した2人は互いに食べさせてあげた。愛嬌たっぷりのコメントも交えながら、若々しい姿を見せた。

イェウォンは、制作陣とのインタビューで「ヘンリーはとてもかわいい。普通の人ではない。こんな人がいるだろうか。私を満足させるために降りてきた天使のようだ」と告白した。

「お化け屋敷」デートでは、自信満々たヘンリーは意外に臆病な姿を見せて笑わせた。 死神キャラクターと向い合ったヘンリーは「怖いくないないよ。ぼくが握手します」と大口をたたいた。しかし、いざ死神が迫ってくると、「うわー!」と叫びながらイェウォンより怖がった。こういうヘンリーからは純粋な魅力が感じられた。

ヘンリーは制作陣に「急に出てきたののだから。怖いんじゃなくて驚いたんです」とかわいい釈明をした。

そしてヘンリーは、イェウォンに「足、痛いの?」と言って、イェウォンを座らせ、靴を脱がせ、イェウォンの足を揉んだ。

イェウォンがびっくりして「大丈夫だから」と拒もうとしたが、ヘンリーは「においはしないね」と言いながら、さらに積極的にイェウォンの足を揉んだ。これに応じてイェウォンもヘンリーの足を揉み、なにげに匂いもかいだ。2人は並んでお互いの足を揉みほぐしながら、人並みならぬ愛情を誇示した。ヘンリーはイェウォンの足が寒いかもしれないと息を吹き込んだりもした。

イェウォンは、制作陣に「ヘンリーだけが持つ魅力がある。それに溺れてしまう」と本心を打ち明けた。2人が一緒にヘンリーの家に行く途中、イェウォンが「何か買って行かないと」と言うと、ヘンリーは「きみさえいればいい」と答えた。 自然に見せながらも、かわいらしくて純粋さが感じられるイェウォンとヘンリーの仮想夫婦だった。

ーー引用終わり

まず、この記事のキャプチャー画面の写真の説明を少し。

イェウォンが前かがみになって、黒い靴下のヘンリーの左足先を匂いをかいでいる写真には、「クン、クン」と薄青の文字。

その下の写真、ヘンリーがイェウォンの右足先を揉んでいるシーンの右には黄と白の文字で「周りの目などおかまいなく、互いの足にだけ集中」とある。

その下の下、ヘンリーがイェウォンの右足の親指を口に入れたシーンには、「口の中にすっぽり」と「口の中」が桃色、「にすっぽり」が白の文字。

最後の写真は、ヘンリーが運転する車の中。イェウォンの胸のあたりに「きみさえいればいい」という文字がかかっている。「いい」の上にいろんな記号(星と感嘆符)。

う~む。やってくれたな、って感じ。

この内容にはいろいろなことを考えさせられるのだが、まず、韓国の民放は、日本を超えている、ということ。日本では、もう、こういうシーンは地上波全国ネットでは放送できないでしょ。

たんに、内容がフェチで、どぎついというだけじゃなく、キャプション(文字)の入れ方など、しっかり作りこんでいるよね。

それから、イェウォンの覚悟性だな。

こういう時期に、これくらいのことをやってしまえる度胸。

あと、すっとぼけたような顔をしているが、きちっと男らしく受け止めたヘンリーの潔さ。まさに「私を満足させるために降りてきた天使のようだ」であります。

これは、見る人によって、いろんな意見があるだろうが、ぼくは心を打たれたよ。

イェウォンは、あの一件から、果敢にキャラ設定を変えようとしているのかもしれない。

さて、数字はどう出るか…。注目です。

ネチズンの声と共に明日、お伝えしましょう。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。