笑うべきか泣くべきか 「私の心、キラキラ」(19話)4.7% 自己最高を更新

スタートから低迷を続け、イ・テイムの途中降板もあったSBS週末ドラマ「私の心、キラキラ」。

先日、50話の予定を26話で打ち切ることが決まったが、なんとも皮肉なことに、ここへ来て、視聴率が上昇、昨夜、自己最高4.7%を記録した。

●OSEN 2015.03.22午前8:23
「私の心、キラキラ」視聴率「逆走」、笑うべきか泣くべきか
http://entertain.naver.com/ranking/read?oid=109&aid=0003023261
↑このポスター写真の右端がイ・テイム(3姉妹の次女)

AD

 

 

ーー引用始まり

22日、視聴率調査会社ニールセンコリアの集計によると、21日午後放送された「私の心、キラキラ」は4.7%(全国基準)の視聴率を記録した。前日の放送分の3.4%より1.3%ポイント上昇し、これまでの自己最高視聴率の3.8%を更新した。

「私の心、キラキラ」はMBC「伝説の魔女」の終了後、視聴率が上昇する兆しを見せ始めた。すぐに最高視聴率を記録し、さらにそれを更新した。2%台にとどまっていた視聴率が一気に4%台まで上昇したのだ。

当初50話で企画された「私の心、キラキラ」は約半分の26話での打ち切りが決まっている。そんな中、視聴率が上昇し、笑うべきか泣くべきか分からない状況に直面したわけだ。

一方、同時間帯に放送されたMBC週末ドラマ「女王の花」は18.2%だった。

ーー引用終わり

イ・テイムとしては、自分の降板が決まるとほぼ同時に数字が急上昇し始めたのだから、不愉快かもしれない。

しかし、イ・テイムが降りたから数字が上がった、というわけではないだろう。

ネチズンは、この現象をどう見ているんだろうか?

「伝説の魔女」が30%くらいだったから、あれが終わったことによる反作用だね。(「伝説の魔女」は3月8日放送の最終40話が30.1%だった)(イ・テイムの)中途下車は関係ない。こんなことは分析しなくても、バカじゃなければ分かることだ。
2015.03.22 午前 8:38  共感 1366 非共感 18

もう数字が上がろうが何しようが関係ない。
2015.03.22 午前 8:40  共感 987 非共感 26

数字が上がっても、26話で打ち切りは変わらない。
2015.03.22 午前 8:44  共感 736 非共感 21

これはないだろう…。
2015.03.22 午前 8:39  共感 448 非共感 18

女優がひとり抜けたからって、こんなに変わるのかなあ?
2015.03.22 午前 8:30  共感 565 非共感 243

正直言って、(視聴率が低迷してきたのは)イ・テイムではなく、ナム・ポラ(主人公3姉妹の末っ子)のせいです。私は1話から本放死守(本放送を必ず見ること)してきたけど、イ・テイムはそんなに出ていなかった。見てもいない人たちが「イ・テイム効果」って言っている。イ・テイムは次女だったけど、いつもひとりで外を出歩いていて、毎週、多くても10分くらいの出演だった。それもユン・デフンといっしょで台詞は何行かしかなかった。だからイ・テイムは関係ない。でも、ナム・ポラはランニングタイムの60%を占めいて、見るたびに、ナム・ポラが鼻声でぶつくさうるさくて(話に)集中できなかった。
2015.03.22 午前 10:59  共感 100 非共感 11

上昇して3.8%。ヒョンビンのドラマと五分五分だね。(「ハイド・ジキル、私」の3月19日放送18話が4.4%)
2015.03.22 午前 9:05  共感 70 非共感 11

「伝説の魔女」の後続(「女王の花」)は今ひとつだ。
2015.03.22 午前 8:52  共感 58 非共感 5

(「私の心、キラキラ」)ストーリーはしっかりしている。「女王の花」は思っていたほどではないね。
2015.03.22 午前 10:43  共感 58 非共感 7

「私の心、キラキラ」はおもしろいのに、どうしてみんな見ないんだろう? まったく理解できない。ストーリーそのものは興味津津。
2015.03.22 午前 9:08  共感 65 非共感 16

やはり何と言っても、「伝説の魔女」というお化けドラマが終わったことが大きいようだ。 それから、イ・テイム騒動によるPR効果もあったかも。

イ・テイムが抜けたから数字が上がった、ということは、きちっと認識しておきたい。

それから、この記事に寄せられたコメントを見渡してみて、「私の心、キラキラ」は、ストーリーがありきたりで企画がよくなかったのでは、という批判をよく聞いたが、そうでもなくて、こういうベタな、というか、オーソドックスなストーリー(母親を亡くし、父親とチキンの唐 揚げの食堂を営みながら、けなげに生きる3姉妹の物語)を好む層というのが確実に存在することも分かった。(ただこの層をメインのターゲットにすると数字は厳しくなる、ということかな。あるいはキャスティングがよくなかったか…)

次女(イ・テイム)がいなくなり、50話の予定が26話になってしまって、ストーリーはめちゃめちゃ、この展開に「期待を裏切られた」と悲しんでいるファンも少なくはないようだ。

やっぱり、あまりにも強引なやり方じゃなかったかと思うんだ。このドラマを見るのを楽しみにしていたファンもいたのに、いくら視聴率が低いとはいえ、あの騒動の後、代役も立てず、次女そのものを消滅させ、ストーリーも半分にしてしまう、ってのは。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。