チョ・ヒョンア大韓航空前副社長 拘置所でも「甲の行い」?

いわゆる「ナッツリターン」事件で逮捕され、収監中のチョ・ヒョンア大韓航空前副社長が、拘置所でも「甲の行い」(甲は甲乙の甲。韓国でも日本と同じく、契約書では、双方を「 甲」「乙」とし、立場上、優位にあるほうを甲とする。甲が乙に対し、優位な立場を悪用して 行う横暴なふるまいのこと)をしているという。

どういうことか?

●ソウル新聞 2015-02-09 00:06
チョ・ヒョンア 拘置所でも甲の行い、接見室は自分の休憩室?
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=081&aid=0002520010

AD

 

 

ーー引用始まり

6日、ソウル南部拘置所に収監中のチョ前副社長が、女性専用弁護人接見室を長時間独占し、他の収監者たちと弁護士らが不便を強いられているということが伝えられた。

先月(1月)23日、依頼人に接見するために南部拘置所を訪ねたというA弁護士は「チョ前副社長側が長い時間の接見室を使ったため被害を受けた」と主張した。

A弁護士は「(接見室ではない)公開の場所では依頼人と重要なことを話すこともできず、皮相的な話ばかりしてきた」と不満を吐露した。

接見室の利用回数、時間などについて問い合わせたところ、チョ前副社長の弁護人は5日、あるメディアとの通話で「時間がないため、頻繁に会って相談していたということ」と話した。

しかし、弁護士らの間では、大韓航空側がチョ前副社長が接見室で休むことができるように「暇つぶし用」に接見室を使用できるようにしていたのではないかと主張する声もある。

ーー引用終わり

チョ・ヒョンアさんの司法手続きは、昨年12月30日に逮捕されてから、今年1月7日に起訴。同月19日に初公判、2月2日に結審、2月12日判決(予定)と、逮捕から判決まで1カ月半と異常に速いペースで進められている。

おそらく1日でも早く終わらせて、早く(執行猶予で)出してあげようということなのだろう。だから公判の準備に時間的余裕がなく「時間がないため、頻繁に会って相談していた」というチョ前副社長の弁護人の話は分からないではない。

となると解せないのは、日本の水泳の冨田選手の裁判(カメラの置き引き、つまり窃盗)。こちらは、まったく逆に、異常に遅いペースで進んでいる。1月12日に初公判、2月2日に第2回公判。

この第2回公判では、冨田選手が水泳場でカメラを盗んだ証拠とされる犯行時の監視カメラの映像が公開されたのだが、不鮮明かつ編集されたものだったため冨田選手側が証拠採用に同意せず。次回、監視カメラの原本を韓国の検察側が出すことになった。

が、それがなんと2カ月後の4月9日。映像の編集などせずに、2月2日に監視カメラの原本を出していれば、もう(冨田選手の犯行だったかどうかの確認は)終わっていたはずなのだが…。

つまり、すでに保管してあり、いつでも出せるはずの監視カメラの映像の原本を出すだけのために、2カ月以上、要するのだ。チョ・ヒョンア前副社長のほうは逮捕から判決まで1カ月半である。

それから、2月2日の冨田選手の裁判では、なんと、法廷通訳人が日付を間違えたという理由で姿を見せず、裁判が通訳なしで行われるという「ハプニング」まであった。裁判所としては、通訳がいないから今日の公判は中止、ということで、引き延ばしたかったのだろうか…。(日本側が公判の実施を望んだので、通訳なしで行われることになった) このケースでは、裁判所が、日付を間違えていた通訳当人でも他の通訳でも「急いでタクシー飛ばして来い」と命じれば、通訳はすぐに手配できたと思うのだが。

とにかく日本では、早く監視カメラの原本を見て、冨田選手がカメラを盗んだ(レンズは自分で外してカメラ本体だけ自分のバックに入れたという)シーンを確認したい、という欲求が強い。どうやって韓国の警察が冨田選手を犯人と特定したのか、はっきり知って、すっきりさせたいのだ

チョ・ヒョンアさんの件から、少し話がずれたが、やはり、韓国の司法手続きは、内容以前に、やり方からして、あまりにも公平性を欠いているのではないか、という印象はぬぐえない。

では、ネチズンの声を3つ。

その性格では、家族以外の一般社会では相手にされない。
2015.02.09 午前 12:09  共感 4141 非共感 31

いろいろ考えるものだなあ…、そこまでやらなくても。
2015.02.09 午前 12:10  共感 3348 非共感 32 

まだ自覚がないんだね。
2015.02.09 午前 12:10  共感 2829 非共感 22

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。