キム・ヒョンジュンのメキシコ・コンサート、全席完売! それはいいのだが、ネチズン「なんでシフ、ジヌクと同列なんだよ!?」

キム・ヒョンジュンのワールドツアーのひとつ、メキシコでのコンサートの全座席が31日、完売した。

メキシコ・コンサート公式チケット販売元、フロントン・メキシコの座席購買欄で確認されたという。

●国民日報
キム・ヒョンジュン、メキシコでのコンサート、全座席完売 パク・シフ、イ・ジヌクに続くか?

AD



キム・ヒョンジュンは来月17日にボリビア、20日にチリ、23日にメキシコでコンサートを行う。ボリビアとチリでもチケット販売は好調だという。

以下、記事から。

ヒョンジュンは元恋人のチェさんへの暴行疑惑や実子確認など、個人的なスキャンダルに巻き込まれ、苦しい時を過ごしてきた。チェさんは昨年(2017年)3月6日、詐欺未遂および出版物による名誉毀損の容疑で起訴された。

また、2014年5月、ヒョンジュンに暴行され、子供を流産したと主張し、ヒョンジュンを相手に暴行致傷および傷害容疑で告訴状を出したが、取り下げたのに続き、

※ここで「和解金として6億ウォン(6000万円)を受け取って」取り下げたという説明が意図的に(?)省かれている。

2015年4月、ヒョンジュンに16億ウォン(1億6000万ウォン)もの損害賠償請求訴訟を提起した。

結局、暴行によって傷害を負ったり、流産したというチェさんの主張は、裁判過程で、虚偽、捏造であったことが明らかにされた。

ヒョンジュンはチェさんを刑事告訴。長い裁判の末、今年(2018年)1月22日に結審し、検察は、チェさんに詐欺未遂および出版物による名誉毀損の容疑を適用し、懲役1年4月を求刑した。来月(2月)8日(平昌冬季五輪開幕の前日)、判決が下される。

ここまでは本人に関する事実の説明なのだが、この記事は、このように結ばれている。

最近、性スキャンダルに苦しんだ俳優のパク・シフとイ・ジヌクが相次いで復帰に成功した。

果たしてキム・ヒョンジュンも、つらい過去を乗り越えて、国外活動を成功させ、2人の後に続くか、今後の展開に注目だ。

ヒョンジュンを応援するトーンで書かれてはいるのだが、この記事を読んだネチズンたちは不快感を隠さなかった。

なんでパク・シフ、イ・ジヌクと比べるのですか? 2014年から4年も苦しめられたヒョンジュン。マスコミの無責任な報道によって、こういうことになったのに。もっと責任を持って報道してください。
共感212 非共感81

すっごく不思議なことは、なんでマスコミはチェさんに不利な情報は隠すのか、っていうこと。ほんと、分かりません。「2014年に告訴しておいて、裏で6億ウォンを受け取って、告訴を取り消したことが明らかになった」と書くのが、そんなに難しいことなの?
共感157 非共感43

ヒョンジュンは4年間も、やってもいないことで非難され、チェさんは1年4カ月の求刑と軽すぎ。きちんとした宣告をしてください。まったく、今では一般男性でも、カカオトークで妊娠テスターを送っても信じないって。チチ(舌打ち)
共感169 非共感65

ヒョンジュンは、もともとアジア・ファンミーティングもワールド・ツアーも日本全国ツアーも成功させられる韓流スターです。
共感167 非共感67

ヒョンジュン、ご苦労様。ファイト。
共感142 非共感65

記者さん、致死は人が死んでこそ致死です。致傷と致死の区別をしっかりしてください。(記事は正しく事実を認識して書け、ということ)それから、ただ告訴を取り下げたのではなく、6億をせしめて、取り下げたのです。それにもかかわらず、チェさん側のソン・ジョンムン弁護士は「和解金はいウォンももらっていない、と大々的にマスコミに公表したのです。今後は、こういう事実関係をしっかり書いた記事をお願いします。
共感73 非共感11

この記者はおかしい。あえてパク・シフ、イ・ジヌクを出す必要はないのに。
共感74 非共感14

女のあざ(痣)のない腕を見た証人も出てきたし、ヘルスクラブでけがした診断書も発覚したし、隠していた携帯電話も検察に押収されました。クク、これはもう訴訟詐欺ではありませんか?
共感73 非共感15

やっぱりヒョンジュン!! これが韓流パワーだ~ 4年間も、どんなに苦しんだことだろう? それに比べたら、1年4カ月は短すぎ~ もっともっと重くしてください~~~ ヒョンジュンよ!! 2018年には良いことだけがあるように~ 私たちの宇宙神、ファント。
共感88 非共感32

海外公演が成功し、国内でもたくさん会えるようになることを願っています。
共感86 非共感34

コメントを寄せたのは女89%、男11%と、女性が圧倒的。ヒョンジュン・ファンがほとんどのようだが、ヒョンジュンには好意的、チェさんに反感、という人ばかり。

実際、チェさんとの件では、ヒョンジュンは被害者であり、自分から性スキャンダルを起こしたわけでもないのに、パク・シフ、イ・ジヌクと同列で扱われるのは、ファンからすると「ふざけんな!」ってことになるだろうね。

しかし、ヒョンジュンがドサ回り的に「海外公演」を行っている、つまりテレビや映画への出演はもとより、コンサートも、まだ堂々と国内ではできない理由は、チェさんとの件のせいというよりは、飲酒運転のほうではないかと思うのだが、この点を気にしているネチズンは見当たらない。

飲酒運転に対する意識は、まだかなり低いようだ。もし日本だったら、飲酒運転発覚後、公演(日本で、だった)を予定通りに行うことは不可能だっただろう。

それにしても、中南米(ボリビア、チリ、メキシコ)でコンサートとは!

採算が取れなければやるはずはないから、ヒョンジュン人気は、いまやアジアを超えているんだね。

★いつもお手数をおかけします。2つのバナーをポチッ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村

韓国ブログランキングへ


ユチョンが3月に日本のファンと「再会」 その知らせを受けたネチズンは…

ユチョンが、「再会」というテーマで、日本でファンミーティングとミニコンサートを行うことが、JYJから発表された。

3月10と11日の両日、東京武蔵野森総合スポーツプラザのメイン・アリーナで’2018 PARK YUCHUN FANMEETING&MINI CONCERT IN JAPAN’再会remenber the memories’を開催する。

じつに3年ぶりの日本でのファンミーティングだ。

●マイデイリー
パク・ユチョン、除隊後初めて日本でファンミ開催…”3月、現地ファンと’再会'”

続きを読む


検察、キム・ヒョンジュンの元恋人に懲役1年4カ月を求刑 判決は2月8日、平昌五輪前日、北では軍事パレードが

延々と続いてきたキム・ヒョンジュンと元恋人チェさんの泥沼のバトルだが、来月(2月)8日にひとつの節目を迎えることになりそうだ。

22日、ソウル東部地裁は、チェさんの詐欺未遂および出版物による名誉毀損容疑に対する裁判(2017年3月から始まったこの裁判は、ここまで計8回の公判が開かれた)を結審した。

検察の求刑は、懲役1年4カ月。

判決は来月8日、午前10時と決まった。

●東亜日報
検察、キム・ヒョンジュンの元恋人に懲役1年4カ月を求刑

続きを読む


[検証] 何がユン・ソナにカナダ移住を決意させたのだろうか?

一家でカナダに移住したユン・ソナ(42)。今後は、そちらで2人の息子の養育に専念するらしい。

それは、それでけっこうなことだと思うのだが、それにしても、移住のきっかけとなった小学3年生の長男が関連した学校暴力事件。あれは、ユン・ソナが一家で移住するという大きな決断を下さざるをえない状態に追い込まれるほどのことだったのだろうか?

どうして、ユン・ソナは韓国内で大バッシングを受けることになってしまったのだろう?

続きを読む


ユン・ソナ(42)、国民の厳しい視線の中、カナダへ すでに定着も、ネチズン「怪物に育てて韓国に帰ってくるな!」

かつて日本でタレント活動をして、人気を博していたユン・ソナ(1975年10月23日生まれ、42歳、全州市出身、163cm)が韓国を脱出し、新天地にカナダを選んだという。

韓国→日本→韓国→カナダ と生活の拠点を移したわけだが、いったい、どうして?

●スポーツ京郷
[単独]ユン・ソナすでにカナダに定着…移民コンサルティング会社「バンクーバー付近の都市に定着」

続きを読む


SHINeeのジョンヒョン(27)が死す 自殺か 姉に最期のメッセージ「お疲れ様と言って」

アイドルグループ・シャイニーのSHINeeジョンヒョン(27 本名キム・ジョンヒョン)が18日午後、ソウル江南区清潭洞のあるレジデンス(ホテルとマンションを兼ねたような宿泊施設)で倒れたまま発見され、病院に搬送されたが死亡した。

●聨合ニュース
SHINeeのジョンヒョン、死亡…「これまでつらかった」携帯でメッセージ

続きを読む


SE7EN (セブン)は今、ボウリングに狂ってるって。おまえ、ほかに狂うことがあるだろう!!

歌手のセブンが、25日午後に放送されたSBS「ちょっぴり狂っている」で、「ボウリングに狂っている」(夢中だ、熱中している)と話した。

●OSEN
「ちょっぴり狂っている」で、セブン「ボウリングに狂っている…キム・スヒョンと同じボウリング場」

続きを読む